Hatena::Grouprmind

インストール

インストール

目次

ダウンロード

次のいずれかからダウンロードしてください。

基本的なインストール方法

ReviewableMind 0.5.Xは以下の手順でインストールできます。

  1. Ruby on Rails(2.0.2移行)が動作する環境を構築する
  2. 必要なgemをインストールする
    • amrita2
    • gettext
    • ruby-openid
  3. subversionによってソースをダウンロードする
  4. データベースを構築する
    • database.ymlの作成とdb/create_database.sqlの実行
    • rake db:migrate RAILS_ENV=production
  5. 日本語メッセージファイルを構築する
    • rake makemo
  6. 実行
    • ruby script/server

プレリリース版を使用されている方は以下を参照してください。

特定環境におけるインストール

InstantRailsを使用してWindowsにインストールする

InstantRailsは、ApacheやMySQL等の関連ソフトとRailsの実行環境をパックしたパッケージです。基本的には、これ一つで Railsアプリケーションを動作させることができます。

InstantRailsのインストールと基本設定

上記のリンクからダウンロードして c:\InstantRails に展開します。

そして c:\InstantRails\InstantRails.exe を起動します。

最初の起動では、「regenerate configuration」というダイアログとセキュリティセンターからの警告が表示されますので、どちらも承認してください。

「I」のアイコンをクリックして、「Configure > Windows Hosts file.」を実行するとメモ帳に hostsファイルが表示されるので、以下の記述を末尾に追加して保存します。

    127.0.0.1 www.mycookbook.com
    127.0.0.1 typo
    127.0.0.1 rmind

次に「Configure > Apache」を実行するとメモ帳に Apache の設定ファイルが表示されるので、以下の記述を末尾に追加して保存します。

  <VirtualHost *>
    ServerName rmind
    ProxyPass / http://localhost:3003/
    ProxyPassReverse / http://localhost:3003
  </VirtualHost>
レビュアブルマインドの基本設定

共有ファイル一覧から最新版をダウンロードして、c:\InstantRails\rails_appsに展開します。

展開したディレクトリで、config\database.yml.sample を config\database.ymlコピーし、必要ならば修正します。パスワード等を変更した場合は、db\create_database.sql もそれに合わせて修正してください。

「Rails Application > Open Ruby console」から以下を実行します。

  cd \InstantRails\rails_apps\rmind
  gem install amrita2 ruby-openid gettext
  copy config\database.yml.sample config\database.yml
  mysql -uroot < db\create_database.sql
  rake db:migrate RAILS_ENV=production
  rake makemo
起動

「Rails Applications > Manage Rails Applications...」から以下の作業を行います。

  1. rmind という所をチェックする
  2. 「Configure Startup Mode..」という所をクリックし以下の設定を行う
    • Runtime mode: production
    • Port: 3003
  3. 「Start with Mongrel」をクリックする

ブラウザで、http://rmind/ にアクセスするとログイン画面が表示されるので、ここからサインアップを行なってください。

Debian GNU/Linux etch

素のDebian etchに以下のコマンドを実行すると、最短手順でインストールできます。

  # apt-get install ruby rdoc ruby1.8-dev make gcc libc6-dev libopenssl-ruby subversion wget
  # wget http://rubyforge.org/frs/download.php/29548/rubygems-1.0.1.tgz
  # tar zxvf rubygems-1.0.1.tgz
  # cd rubygems-1.0.1
  # ruby setup.rb
  # cd /usr/bin; ln -s gem1.8 gem
  # gem install rails
  # gem install amrita2 ruby-openid  gettext

  # cd (install directory)
  # svn export http://svn.brain-tokyo.net/rmind/tags/STABLE
  # cd rmind

  # (cd config; cp database.yml.sample database.yml)
  # apt-get install mysql-server
  # mysql -uroot < db/create_database.sql
  # rake db:migrate RAILS_ENV=production
  # rake makemo

  # ruby script/server -eproduction

データベースについて

データベースについては、MySQLとsqlite3で動作確認しています。

ただし、sqlite3の最新版の3.3.8では、Railsのアダプターの問題から動作しません。3.3.7を使用してください。

* はてなダイアリーキーワード:インストール